ちくま未来俳句 選者 光本苹果

ちくま未来俳句

 選者 光本苹果

   (ホトトギス同人)

残り柿ぽとりと落ちて日が暮れて

            英夫

草の実をつけたるまゝに受話器とる

           のり子

名月の鏡台はづれ耀けり

            遊耳

入魂の句碑を離れぬ赤蜻蛉

            晴子

爽やかにかな文字流る書道展

            房子

波立ちて風は光に芒原

           有美子

天高しいつしか本気の笑いヨガ

           みき子

今年米ひと言添えて子の許へ

            一子

秋晴れや煙たなびく燻炭器

            孝子

爽やかやよく眠る子の母となり

           恵美子

石積みの段々畑菊薫る

            厚子

 選者

たつぷりと鯉にも餌を冬構え

            光本

■「当季雑詠」一句

■締切 毎月二十日到着分を選考し翌月号に発表致します。

■投句先 〒387‐0012千曲市桜堂521 ちくま未来新聞「俳句係」 電話・FAX026‐214‐7905

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。