子ども科学教室 小学生「モデルロケット」打ち上げ体験 

 子ども科学教室

小学生「モデルロケット」打ち上げ体験 

             (11月13日、20日・戸倉体育館 県民グラウンド)

 千曲市教育委員会生涯学習課の主催で、小学生の親子を対象にした「モデルロケット」の制作と打ち上げの科学教室が開催された。参加者はロケットエンジンの取扱い資格を持つ松坂喜一郎さんと重田英明さんの指導の下、室内で紙製のロケットにエンジンを組み込んで制作。グラウンドに移動して打ち上げを行った。11月13日は快晴で無風と絶好の条件がそろい、子どもたちがカウントダウンの掛け声とともに自らの手で発射スイッチを押すと、ロケットは70mほどの高さまで舞い上がった。子どもたちはロケットが打ちあがるたびに歓声を上げ、分離した落下傘を追いかけていった。打ち上げ後は全員でグラウンドに落ちた火薬のごみ拾いを実施した。

 これまで20年以上子供たちに科学を教えてきた松坂さん。教室では最後に子どもたちに「色んなことに興味を持って大きくなってください」と声をかけていた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。