「月の都 千曲」特別講演会(オンライン)宇宙飛行士から見た「月」 宇宙飛行士・油井亀美也さんと高校生が交流

「月の都 千曲」特別講演会(オンライン)宇宙飛行士から見た「月」 

宇宙飛行士・油井亀美也さんと高校生が交流

 10月30日、JAXA宇宙飛行士・油井亀美也さん(長野県川上村出身)による特別講演会『きみの知らなかった「月」に出逢う日』がオンラインで開催された。事前申込のYouTubeによる聴講には300世帯720人が参加した。千曲市総合観光会館の会議室ではJAXAと直接回線をつなぎ、屋代高校天文班のメンバーが貴重な話に聴き入っていた。

 講演は前半が油井さんの宇宙飛行士としての経験談。自衛隊のパイロットから宇宙飛行士に挑戦したことや、国際宇宙ステーション・ISSでの活動を紹介した。後半は月の宇宙開発について。油井さんはISSから見た十五夜の月や、日本の探査機「かぐや」が撮影した月面の写真を解説した。また、NASAが2024年に再び人類を月に送り込む「アルテミス計画」を紹介し、自身も月に行きたいという目標を持っていると語った。

 最後は聴講者からの質問に油井さんが回答。宇宙飛行士を目指したいという高校生に対しては「目標に向かって好きなことを継続できるのも才能。ぜひ宇宙飛行士に応募してほしい」とエールを送った。

JAXAと回線を結んだオンライン講演会

油井亀美也さん(上)、ISSでの生活

についての解説(中)、聴講に参加した

屋代高校天文班の皆さん(下)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。