ブレザー型の新制服  屋代中学校が導入 市内初のジェンダーレス制服に

ブレザー型の新制服  屋代中学校が導入

市内初のジェンダーレス制服に

 屋代中学校では令和4年度より新しい制服を導入する。従来の学ラン、セーラー服から男女ともにブレザータイプに変更となった。また、ジャケットは男女共通。ネクタイ・リボンや、スカートの着用などは個人で自由に組み合わせを選ぶジェンダーレス方式を採用している。市内の中学校でのジェンダーレス制服は屋代中が初(令和5年度には更埴西中学校でも導入予定)。

 これまでの制服は夏は暑く、冬は寒いという声が多かったため、同校では昨年から制服検討委員会で協議を進めてきた。メーカー4社からの試作品を生徒会の役員がモデルとなり試着。その映像を全校生徒に視聴してもらい、投票によって選考した。

 胸元には屋代中のエンブレムをあしらったバッジが縫い付けてあるほか、ボタンにもオリジナルの学章が入れられている。デザインは同校で新たに考案したもの。新制服の導入に伴い校則も改正されるという。

ジャケットのボタンは左右どちらも取り替え可能なリバーシブルエンブレムには森将軍塚のデザインが入っている  

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。