今月のちくま百景  さらしなの里歴史資料館のゲンジボタル(羽尾)

さらしなの里歴史資料館のゲンジボタル(羽尾)

 千曲市羽尾では今年も6月上旬から多くのホタルの群生が確認された。羽尾のホタルは雄沢川と湯沢川を中心に自然に生息しているもので地元のホタルの会では飛翔数を確認、集計して市に報告している。今年はNPO法人・千曲市環境市民会議、蛍プロジェクト代表の小河原邦楽さんらが観察会を実施し、家族連れなどが参加した。小河原さんはホタル観察の際の減光・騒音への注意などを説明、ホタルの発生しているスポットを案内した。25日の観察会ではマレットゴルフ場近くの農道で大量の飛翔を確認することが出来た。

 市内では羽尾地区のほか森地区、内川地区、八幡地区、協和地区でホタルの生息が確認されているほか、屋代地区(古墳館沼)でもホタルの復活への取り組みが行われている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。