第8回千曲川ハーフマラソン 千曲警察署員も力走

千曲川ハーフマラソン

千曲警察署員も力走 第8回千曲川ハーフマラソン

 11月27日、4年ぶりに行われた第8回千曲川ハーフマラソンに千曲署の署員ら13名が広報ランナーとして出走した。これは「電話でお金詐欺」被害防止啓発活動として、署員が被害防止を訴えるオリジナルTシャツを着用してPRする初めての試み。吉田格署長も参加し、全員が完走した。ゴール地点の白鳥園の広場では千曲署員と更埴防犯協会連合会員がランナーに啓発用の物品を配布した。

 台風と新型コロナの影響で中断していた千曲川ハーフマラソンが11月27日に4年ぶりに開催された。戸倉体育館をスタートした1283名のランナーたちは沿道の観客の声援を受け市内を疾走していった。従来は春の開催だったが、開催時期を変更。千曲川の両岸を走り粟佐橋を折り返すコースとなった。ゴール地点の白鳥園の広場では小川市長も出席して表彰式が執り行われた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。